Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS

HAVE YOU EVER SEEN THE RAIN ?

日記を5年書き続けた者は将来何者かになる者だ。
日記を10年書き続けた者はすでに何者かになった者である。
<< 永遠のテーマ | main | 愛のひと >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
フタリふたつの道
誰かを大切にするかわりに、
誰かを粗末にする という考え方が
とても イヤ なのです。

誰かを愛すれば、誰かを捨てる。
何かを選べば、何かを捨てる。
どうして人生は二者択一なのでしょう。

誰かのことだけを大事に。大事に。まわりは二の次で。
とにかく、いろんな物に好奇心をもって顔をつっこんでいったりしないこと。
男のヒトと会う時は、キチンと納得してもらえる会い方をすること。
今日の出来事をすべて白状すること。
相手のこと一番に考えてます!という姿勢や誠意を見せること。
私の誠意の見せ方は「自分の意思を捨てる」ことだった。


それが今の自分は、とてつもなくイヤなのであります。
誰かのものになってしまうと、そうせざるを得ないのかな、と考えてしまうのです。
そうすることによって、自分の視野が狭まるのが納得いかないのです。
だから、誰のものにもなりたくないのです。
でも、結婚したいのです。
27歳で結婚したいのです。
28歳でもいいのです。
29歳でもいいですけれど。
そしてやっぱり、コドモがほしいのです。


わたし、結婚したからといって自分と旦那の歩む道が「一つ」になるのが嫌なのです。
結婚したらよく、旦那に協力することが妻の生き甲斐、だとかなんだとか、そういう意識になってしまいがち。(昔、わたしもそうだった。)
それはそれですばらしいことなんでしょうけれど、私は、嫌なのです。


今、思うのは結婚しても、ヒトリ。
一人一人がきちんと自分の道を歩んでゆくこと。
ある日、後ろを振り返ったとき、自分たちの後ろには二つ、道ができていること。
そういう「夫婦」がとても素敵☆だと思うのです。




それって、私の父と母だったのです☆
| LOVE | 15:00 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 15:00 | - | - |