Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS

HAVE YOU EVER SEEN THE RAIN ?

日記を5年書き続けた者は将来何者かになる者だ。
日記を10年書き続けた者はすでに何者かになった者である。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
勇気?本気?元気?


 ゼロに戻れる勇気があったら

あなたは ゼロ に戻りますか?

 
| POSI | 19:54 | - | - |
ほわんほゎん
自分自身が勝手にもりあげているのでしょうか。
カレのことがとっても気になります。



今、何をしているのかとか

今、どこにいるのかとか

今、誰といるのかとか


まったく考えないようにすれば、まったく考えないようにすることできちゃうんですが、なんだかな。自分でそう考えてしまう自分のこと盛り上げちゃう。


そんな気分になったことってみんなあるのかな。
| POSI | 19:46 | - | - |
世界中のひとに愛を
私、好きな人がいるんです。





別に憧れてるとか、浮気してるとか、そういった泥沼的な感覚じゃなくて。

マンガに出てくる主人公なんかに恋してるのと似たような感じで。





週末になると彼に会いに行きたくなります。
普段の日は忘れています。
ふと、思い出すこともあるのですが、めったに考えません。
週末が、彼を思い出させます。


彼はそんな飛びぬけてかっこいいとか、おされとか、そんなんじゃありません。
オトナっぽいとか、背が高いとか、そんなんでもありません。

ただ、歌っているときの目が、口が、体が、セクシーなんです。



だからって、電話番号ききたいとか、
デートしたいとか、
セックスしたいとか、
そんなんじゃありません。

ただ、ひとつ彼と何かができるよ、何したい?って言われたら、、、、



「日本語教えたい」 です。            ヘン? 笑



これってれっきとした シタゴコロ ってやつですかね?



ああ。
彼ともっとしゃべりたい。
彼は話すのが早いから、聞き取るのだけで大変で、
いつも彼の声をじっくり聞けない。
でも、たった1分でも、彼は私を見て、私と話して、
私との時間を過ごしているわけで。それって地味にすごいな、と。
この広い世界に、こうやって知り合えた人がいて、
同じ時間を過ごせる人がいて、
昨日までは、去年までは、5年前までは、赤の他人だったのに、
今はこうして顔見知りになって、
国籍も生まれ育った地も違うのに、
こうやって目を見て。言葉を交わして。笑って。手を振って。

なんだろう。

人間って、人間から幸せをもらって生きてるんだと、
妙にシリアスに考えてしまうこともある。


なんとなくタイにきて、
なんとなく仕事をし、
なんとなく食べて寝て暮らして、
なんとなくタイ人が嫌いになったり、
なんとなく尊敬したり、馬鹿にしたり、
なんとなく彼を好きになったり、

タイを受け入れられるようになったのは
彼の存在があったから。
彼はタイで生まれてタイで育ってタイで学んだ根っからのタイ人で。
顔つきはハーフっぽいけど血は混じってなくて。
100%タイ人で。
タイ人の価値観を持ち、
タイ社会の中で生き、
タイ人女性を好きになってきた彼を、どうしていま、私は好きなんだろう。


好きな人は私の周りにはたくさん。
出会った人はみんな好き。
とくに好きな人もいる。
家族のように愛している人もいる。
その中の一人に、彼がなってしまったのが、
なんとなく不思議で、当たり前の世界で、
未知の世界の絨毯を、足で起毛をつぶさないように歩いているような。



明日彼にあいにゆこうかな。

でも、一人じゃいけない。


きっとそれは愛してるとは違って、
恋しいとも違って、
どこかミーハーという言葉に片付けられてしまうような
それっぽっちの感情なのかもしれないけれど。。。


| POSI | 02:05 | - | - |
好きと愛してるの違い
ワタシはこの人と人生を歩む


そう決めてここまできた。
今更、別れるとか嫌いになるとか、そういう次元の話じゃない。


家族。


この言葉が一番しっくりくる。
毎日「好きか」どうか問わない。
軽い言い合いは日常茶飯事。だからといって一日無視とかしない。
気がつけば忘れてる。


そんな感じ。

誰かがワタシの周りから去っていっても、
この人だけは絶対そばにいてくれる。
そんな感じ。

もっと大事にしなきゃ。
もっと気を遣ってあげなきゃ。
もっと優しくならなきゃ。

自己中なのは だれよりもこのワタシ。




仲直りして、ワタシの器がチイサカッタことに気づき、自己反省しました。

| POSI | 02:35 | - | - |
けっしん 2005
友達に
「オレの中でタイのイメージとJUJUBEちゃん(私)のイメージが重ならない。」
って言われた。


気づいてました。
ひょっとしたら他の人からみてもそうなのかもなって。
うん。わかってるよ。
このままずっとタイにいるつもりないよ。
きっと私は、自分が本当に好きな土地に戻るだろう。
いずれ。

ただ、今は、
長い人生のたった今は、
別にココでもいいかなぁって。

ここで楽しむことを前向きに考えてみよう。
ここでの時間を大切に感じてみよう。
自分はタイから浮いてたって、自分は自分。
なじめなくったって、私は私。
| POSI | 03:01 | - | - |
来年は。
白いキャンバスに、大きな筆で絵を描く様な
そんな25歳にしたいと思います。
| POSI | 03:29 | - | - |
ハッピーハッピー☆バースデイ私
今日は誕生日。
一年に一度だけ、私が「主役」になれるとき。



今日は朝から気分が良かった。
タイ人のお客さんを会話が弾んだ。


バスタオルの、新しく買い換えた柔軟剤の香りが
とても落ち着く匂いだった。


まつげのカールの微妙な角度がうまくいった。


チークの入れ方がうまくいった。


肌の質感が最高にイケてた。


朝のお風呂が寒くなかった。



今夜はタイ人のお客さんとホームパーティです。
はりきって料理しようと思います。


最高な25歳1日目になりますように。
| POSI | 14:04 | - | - |
取捨選択
常に問題は起こる。
ひとつの問題が解決したら、また新しい問題が起こる。
これは自然の法則なのだろうか。

今は選択に迫られて毎日が頭でいっぱいになっている。

自分が第三者的に考えているイキカタと
本当に自分が気持ちいいと感じるイキカタにズレがあって
そのズレをどのように修復すれば、自分が一番納得できるだろうかと
毎日毎日それこそ朝から晩まで悩む。

時には人に頼り、
時には本に力を借り、
時には全てをリフレッシュさせようと頭を白紙に戻したり。
一体全体 自分は 何がしたいんだ。
何をすることが私のイキカタで
何をすることで自分が確立するのだろう。


今の自分は人に流されているのか。
無理をしてるのか。
それすらもわからないほど感覚が麻痺して。


いい経験ができるかもしれない道を あえて捨てて
自分の気持ちがいい道を選び
その道でがむしゃらにがんばっていく

その選択で自分は幸せになれるのか。
また、それを選択しなかったら幸せになれるのか。

まったくもってわからない。



だれか救いの言葉を!!
| POSI | 18:26 | - | - |
人の間
あの人の、あのこの、生活の一部に私という存在が入っていたら。


一日一回メールをすることや、
常に想って行動することや、
ああ、この料理は一緒に食べたいなって思うことや、
このスイーツは買って持っていってあげようと思うことや、
私がそばにいてあげようと思うことが、
すべてごくごく当たり前の生活で、
当たり前のように行動し、
日課のようになってゆくことが、
私の心を支えてくれる大きなものということに 今 気づいた。


家族以外の人たちは、いくら親しくとも他人という事実は変わらない。
時には家族以上の絆を感じて接することだってある。
そんな「他人」な人たちが、常に私の生活の一部になっていて、
彼らにとってもそれが生活の一部であろうことが、
私にとっては心底うれしく思う。


人と人とのつながりが 人を幸せにするんだな。


たった1ヶ月間しか接することができなかった人たちも、
ずうーっと私の中にいる人たちも、
家族も、
私を取り囲む人たちのことが好きで好きでたまらない今日の日です。

きっと私はつきあい下手かもしれないけれど、
人嫌いではないってことがようやくわかったようです。
| POSI | 08:49 | - | - |
やっぱり彼はみんなのヒーロー
何がきみのしあわせ?

何をして喜ぶ?

わからないまま終わる。。。
 
そんなのはいやだ。

忘れないで夢を!

こぼさないで涙。

だからきみは飛ぶんだ どこまでも!

| POSI | 18:01 | - | - |